転職について

転職して大手企業に職を得れば、給料はアップするのでしょうか?基本的には、収入が増えるので、収入の額にこだわるのなら転職の際に大手企業を目指した方が良いでしょう。年収800万円前後もそう珍しいことではないようです。専門職の場合、求人の条件として指定される資格を持っているなどと提示されている求人もありますので、専門職へ職を変わるのなら資格を所持している方が有利となるのです。それに、資格を持つ方とそうでない方とでは、人事部により、履歴書の確認がなされた場合にも違いが出ることでしょう。

わからないという方もいるでしょうが、今では、ネットで検索すれば、履歴書記載の模範的なサンプルなども掲載されているので、それらをみながら、履歴書を作成されるのもいいでしょう。しかし、そのまま書くのは控えなくてはなりません。相手企業の人事に、自分のセールスポイントをアピールできるような書き方をご自身で考えるようにしてください。書くのみだと、これまで行ってきた仕事をわかってもらえません。どんな部署でどのような仕事をしてきて、どのような成果が上がったのかや技術を身につけたなどの説明を加えることで、採用担当者に興味を持ってもらえるかもしれません。

一般的に、転職者に必要とされるのはすぐにでも仕事が処理できることなので、異なる業界に転職する場合は年齢とか経験をはねのけるアピールポイントがないと勤め先を見つけるのは厳しいでしょう。今すぐにでも、働いてもらえるような人材が欲しいので、未経験者でも受け入れるところはあまり見つかりません。必須の資格を取ったり、事前に研修を受けたりといった努力が大切になります。賞与を受け取って転職する方が金銭的に余裕があります。退職しようと思っている人は賞与の月に合わせての退職にすると得をします。そうするためにも、計画を練って重要なので、事前に、計画を練っておくのがいいかもしれませんね。

このページの先頭へ